Porters Paint

 

つなしま不動産マーケットでは、オーストラリア製の水性塗料である「ポーターズペイント」の取り扱いをしております。 「ポーターズペイント」は、つなしま不動産マーケットを運営するNENGOが日本総代理店をしておりますので、新築をお考えの皆様、リノベーションをお考えのオーナー様など、ご安心してお問合せ下さいませ。

 

 

ポーターズペイントとは

 

塗料と言えばちょっと「臭い」「シックハウス」など、どうしても負のイメージが付きまといますが、ポーターズペイントは全く違います。違うというよりも、普通のペイントよりも「色」「質感」「ツヤ」が美しく、尚且つ、簡単にメンテナンスできる優れたペイントです。(一部材料除く)  施工方法は、ローラーを使用せず、専用のブラシにてペイントします。壁に質感を与え、凹凸をつけます。そうすることで、光りも乱反射し落ち着く空間になりますし、部分補修が容易にできます。  ビニールクロスという、塩ビ製品に囲まれて生活するより、好きな色のポーターズペイントに囲まれて生活してみませんか。

 

 

ポーターズペイントの歴史

 

ポーターズペイントには、物語があります。 オーストラリアで生まれたこのペイントは、創始者であるピー ター・ルイスが、亡き祖父の日記を見つけたことから始まります。 そこには、伝統的な塗料と、現代の技術を結びつける様々なメ ソッドが記載されていたのです。それは、1900年代初めに書かれたものでした。その後、彼はこの祖父のメモをもとにペイントをつくり始めました。今では、PORTER’S PAINTSは、オーストラリアの誰もが知っている高級ペイントの代名詞です。 日本でペイントと言えば、ホームセンターなどで購入するのが一般的ですが、このペイントはオーストラリアのホームセンターでは売られていません。独自展開のペイントショップでのみ、購入が可能です。 思い入れのあるペイントは、思いを込めた売り方をする。 1人1人のお客さまを本当に大切にしているペイントなのです。

 

 

我々の考え方

 

日本の一般的な住宅の壁は、ビニールクロスが主流になっています。これは、施工面・価格面やクレーム問題などが背景にあります。ビニールクロス以外にも、これらの条件を満たす為の建材を使用したプラスティックハウスが普及している、悲しい時代です。 私たちは、ビニールクロスに囲まれた部屋では、寛ぐことはできないと考えています。最初はきれいでも、時間が経つにつれて汚れ、剥がされて行きます。剥がされた壁紙は、ゴミとなり捨てられます。  一方、自然素材を使ったポーターズペイントはどうでしょうか。 人の手(刷毛)によって創られた壁は表情が与えられ、奥行き感のある寛ぎの空間を築き上げます。 二度と同じ表情は創れない唯一の空間です。

 

 


※セルフペイント

 

つなしま不動産マーケットでは、定期的にワークショップを開催しております。
「自宅の模様替えをしたいなぁ」、「賃貸物件に採用できるかちょっと考えてみたいなぁ」 など、お気軽にお越しください。

 

※賃貸物件xポーターズペイント

 

  • メリット1:部分補修が容易にできます。(ストーンペイント)
    部分的な汚れや釘・画鋲の穴など、容易に部分補修が可能です。
  • メリット2:ランニングコストが抑えられます。部分補修が可能な上、ビニールクロスのように廃棄物を出して全面張り替える必要がありません。また、ビニールクロスは静電気の帯電により汚れが目立ちますが、ポーターズペイントは帯電しないため、汚れが目だちません。
  • メリット3:ビニールクロスのような嫌な臭いがございません。
  • メリット4:288色ある中から自由に色を選ぶことができます。お客様ご希望の色をお部屋に塗装するような案内もできます。
  • メリット5:ビニールクロスにはない色・質感により、差別化した物件を供給することができます。