> 色のある住まい | ダイアパレス生麦第2

色のある住まい

色のある住まい

皆さんがお住まいのお部屋。
壁の色、天井の色は何色でしょうか?

こちらのお部屋は、
LDKには、天井と壁面に MANDAY MANDAY、
アクセントウォールとして、一面のみ BREAK WATER BREAK WATER。
和室には、全面に BLUE COW BLUE COWが塗られています。

塗られている塗料は、「PORTER'S PAINTS」と呼ばれる水性塗料。
オーナー様自らが刷毛を握り、一塗り一塗りセルフペイントで仕上げました。
ポーターズペイント

込められた想い

今回のリフォームを行う際に、オーナー様から下記のような要望をいただきました。

お部屋のリフォームを行う上で、PORTER'S PAINTSをぜひ使いたい。
その理由は、
・PORTER'S PAINTSで包まれた豊かな空間で、入居者さんに生活して欲しいから。
・また、人体に少なからず影響のある、ビニルクロスの住まいに入居者さんに住んで欲しくないため。
というものでした。

大量生産のビニルクロスを使用したお部屋が、賃貸物件の大部分を占める中、
オーナー様が、手間と時間を掛けて塗装の壁に込めた想いを感じられるお部屋です。
ポーターズペイント

表情の変わる和室

色のある住まい LDKの隣には、和室があります。
南西向きのバルコニーに繋がるこのお部屋には、夕方から西日が差し込み、お部屋全体が淡い橙色に染まります。

壁面に見える細かい光のムラは、PORTER'S PAINTSの塗料に含まれる細かい石英が、光を反射させることで生まれます。

一日の時間の流れを、美しい変化として感じることのできるお部屋です。

また、一日の太陽の光の中で最も入射角の低い西日は、これからの季節、日没後の冷え込むお部屋をふわっと温かく包んでくれます。
気温が上がる春から夏は、バルコニーで植栽を育て、グリーンカーテンにしても良いですね。

横浜と川崎の間「生麦」

今回ご紹介するお部屋は、京浜急行電鉄本線「生麦」駅の近くにあります。
生麦駅は、横浜駅と川崎駅の中間に位置し、駅前には昔ながらの商店街が広がっています。

生麦は、江戸時代には徳川幕府に新鮮な海産物を献上する為の御菜八ヶ浦の一つとして、賑わった港町です。
現在では、国道1号線と第一京浜(国道15号線)の間に位置し、大黒ふ頭に隣接する交通の要所となっています。

お部屋は、生麦駅より、徒歩5分。
ダイアパレス生麦第2という分譲マンションの一室です。
ぜひ、この機会にPORTER'S PAINTSで包まれた空間と、オーナー様のお部屋に対する想いを感じてみてください。
生麦
お問い合せ・ご質問はこちら

ヒルズ348物件諸元表

賃料 105,000円
管理費 5,000円/月 
敷金/礼金 1ヶ月/1ヶ月
所在地 神奈川県横浜市鶴見区生麦1丁目4-15
建物構造 鉄筋コンクリート造 
最寄駅 京浜急行本線「生麦」駅 徒歩5分
2駅利用可 JR京浜東北線「新子安」駅 徒歩15分
バス
交通その他
間取り 1LDK 
物件名 ダイアパレス生麦第2 303号室
所在階/階 3階/7階 
駐車場 敷地内無(近隣有 相場15,750円~) 
総戸数
更新料 新賃料の1ヶ月分 
専有面積 47.98㎡ 
築年月(築年数) 1984年2月 
主要採光面 南西 
バルコニー面積
住宅保険 要加入 
契約期間 2年 
引渡し 要加入 
現況 空室 
設備・条件

エアコン、バス・トイレ別、ウォシュレット、独立洗面台(新品)、室内洗濯機置き場、脱衣室収納、シューズボックス、2口ガスコンロ付きシステムキッチン、バルコニー、押入れ、収納、フローリング、都市ガス、給湯、駐輪場、カラーモニター付きインターフォン、バイク置場、インターネット光ケーブル、CATV

 
取引態様 媒介