綱島の歴史紹介:綱島桃


鶴見川の本流と鶴見川に注ぎこむ早淵川と矢上川に囲まれる綱島地域。
昔は激しい雨が降ると、それらの川がしばしば洪水を起こし、そのたびに農作物は大きな被害を受けていた。明治30年ころ、川崎から綱島へ来た行商人が水害に悩む農民たちの状況を聞き、水害に強くこの地域の砂質の土壌に適した作物として桃の栽培を勧めて栽培が始まった。当時の桃といえば硬い桃が主流だった様だが果肉のやわらかい西洋桃が好まれるようになって来ていた様で、研究を重ねていった
結果新たな品種の桃の栽培に成功。それは病害 に強く、且つ六月中旬より収穫でき少面積で米の3倍強の収益をあげ、新しい桃は「日月桃」と名付けられました。
綱島の桃は市場でも味香りがよいという評判になり綱島のブランド品として定着していきました。
明治43年には綱島果樹園芸組合が創設され、桃作り熱はますます盛んになり、まさに全村挙げての桃栽培となっていった。その後、開業した今の東急電鉄には桃を運ぶための電車まで作られ「綱島の桃」は全国に出荷されるようになり、「東の神奈川、西の岡山」と言われるほどに。
それ以来、綱島の桃は、数々の品評会で多くの賞を独占。綱島の桃が品質日本一と評されるにしたがって綱島の桃の人気は不動のものとなり昭和6年頃には、24万箱、約288万個の桃を生産・出荷するまでに!この頃、神奈川県の桃生産高が岡山を抜いて日本一となった
そんな中、昭和13年、未曾有の豪雨により鶴見川は大洪水を起きてしまいました。
さらに3年後の16年にも再び大きな洪水が起こりました。
元々水害に強かった桃も、この二つの洪水では大 きな打撃を受け多くの農家が桃の栽培を断念するようになりやがて太平洋戦争がはじまるに至っては、食料増産の名のもと「嗜好品の桃より米や麦を作れ」という軍の命令もあり桃の栽培は次第に減少。農村だったこの地域に、工場が進出し始めていき非農業人口の増加とともに宅地需要が増大。
また、綱島温泉の盛隆ととも に温泉旅館が次々開業し、こうした中で、農業をやめ土地を売る農家が次々現れ桃農家も減少していき昭和40年代になり、とうとう桃栽培の創始家である池谷家の畑を除いて桃農家はすべてなくなった。
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on GREE


コメントは受け付けていません。